非製造業・金融で強気見通しが増えるが、製造業がブレーキに

アナリストによる主要企業の業績予想の変化を示す「QUICKコンセンサスDI」(7月末時点)は、金融を含めた全産業ベースで前月比4ポイント改善のプラス9でした。非製造業と金融セクターに対する強気の見通しが大幅に増加し、指数を押し上げました。

 

QUICKコンセンサスDI

製造業が弱気の見通しも、非製造業、金融は軒並み上昇

次に業種別に見てみましょう。算出対象の16業種中でDIがプラス(上方修正銘柄が下方修正銘柄を上回る)だった業種は10業種。一方、マイナス(下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回る)の業種は3業種、変わらずは3業種でした。

製造業では食料品がマイナス6からゼロまで改善しましたが、鉄鋼がゼロからマイナス25まで低下し、非鉄金属も前月比22ポイント低下するなど、軒並み低下しました。一方、非製造業では、不動産が前月比17ポイント低下したものの、卸売が前月比30ポイント、小売は同24ポイント上昇し、金融でも銀行が同30ポイント、その他金融は同67ポイントの大幅上昇となりました。

業種別DI

2カ月連続トップのニチイ学館 上方修正期待強まる

個別銘柄では「強気」が121銘柄、「変化なし」が134銘柄、「弱気」が90銘柄になりました。3カ月比で純利益の上方修正率、下方修正率が大きな銘柄の上位5銘柄をそれぞれピックアップすると、下記のようになります。

純利益の上方修正率が最も大きかった銘柄は、2カ月連続でニチイ学館でした。先月3位だったANAも5位にランクインしました。一方、最も下方修正率が大きかったのは、5カ月連続でサイバーダインとなりました。

 

<上方修正率の大きい銘柄トップ5>
▽3カ月前比で純利益の上方修正率の大きい銘柄上位(7月31日時点)
コード  銘柄名       予想純利益            修正率
7月末  4月末
1   9792  ニチイ学館      2,520         944         166.95
2   6502  東 芝        411,558     241,477   70.43
3   6753  シャープ    48,749       33,652     44.86
4   2503  キリンHD   116,180     80,590     44.16
5   9202  ANA         133,040    94,242     41.17

 

<下方修正率の大きい銘柄トップ5>
▽3カ月前比で純利益の下方修正率の大きい銘柄上位(7月31日時点)
コード  銘柄名          予想純利益          修正率
7月末    4月末
1   7779     サイバダイン     22           213         -89.67
2  6816     アルパイン         1,757      4,229     -58.45
3  9101      郵 船         8,420     16,998   -50.46
4  4565     そーせい       3,082     5,436     -43.30
5  3099     ミツコシイセタン     11,111     18,369    -39.51

※最終赤字の銘柄は除く。直近3カ月前とも5社以上のアナリストが業績予想を出している銘柄が対象。単位は純利益が百万円、修正率は%

関連記事

  1. 業績期待指数、製造業で弱気見通し増 「食料品」「鉄鋼」はマイナス圏転落 11月末

  2. 業績期待指数、製造業で一段と上昇、金融はマイナス転落

  3. 三菱自など輸送用機器の業績上振れ期待広がる

  4. 鉄鋼業に対して一転強気見通し 「鉄冷え」からの脱却期待高まる

  5. 全産業で弱気見通し増えるなか、ニチイ学館 の上方修正期待強まる

  6. 米新車販売の減速を受けて、輸送用機器の弱気見通し増える

  7. 強気な業績予想増え、全産業DIは6カ月連続改善

  8. 製造業への期待が高まる一方、非製造業には弱気

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP