日興アセット「グローバル・ロボティクス」、純資産残高がトップ10入り

日興アセットマネジメントが運用する「グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)」(02311158)は、20日時点の純資産総額(残高)が4787億円に増加し、国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)の中で10位に躍り出た。

残高7位の「野村インド株投資」(01312056)に続き、これでトップ10圏内に毎月分配型以外のファンドが2本入った。QUICK資産運用研究所が月末時点の残高上位を過去にさかのぼって調べたところ、毎月分配型以外のファンドが10本中2本入るのは、2007年12月以来で10年ぶりとなる。

一方、11位に後退したのは「ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)為替ヘッジなし」(04312045)。今年7月に分配金を引き下げて以降、資金流出が続いている。

各金融機関が顧客本位の業務運営を徹底し、長期投資に不向きとされる毎月分配型ファンドの販売が低迷。相次ぐ分配金引き下げも響き、大型の毎月分配型ファンドから資金が流出して残高が減少している。

「ロボティクス」は世界各国のロボティクス関連企業の株式に投資する。2015年8月の設定からのリターンは今年11月末時点で49.69%。世界的な株高の恩恵も受けて運用成績が堅調に推移している。資金流入ペースが減速する局面もあったが、17年11月には月間で200億円を超える資金が流入するなど持ち直した。

 

 

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

  2. 投信残高、1兆円超のファンドがゼロに 毎月分配型から資金流出

  3. 投信残高、アセマネOne「ゼウス」が再び首位に 「フィデリティUSリート」陥落

  4. アセマネOne「未来の世界(新興国)」、当初設定額が今年最大の977億円

  5. レオスが躍進、キャピタルも急浮上 野村アセットは首位維持 17年末・運用会社別投信残高

  6. 投信、アセマネOneが資金流入額首位 昨年12月の運用会社別

  7. 「ひふみプラス」の残高、5000億円を突破 初のトップ10入り

  8. 野村アセット「野村インド株」、残高が7位に浮上 「グロソブ」を上回る

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP