ラップ口座残高、7兆円超す 過去最高を更新

日本投資顧問業協会は7日、投資家が金融機関に運用を一任する「ラップ口座」の残高が2017年9月末時点で過去最高の7兆3184億円になったと発表した。6月末と比べ3912億円(5.6%)増え、初めて7兆円を超えた。契約件数も過去最高の62万5925件だった。

残高は前の四半期までの流れを引き継ぎ、運用益の増加や新規の資金流入で順調に増えた。契約件数は7~9月の3カ月で約3万5000件も伸び、増加ペースが加速した。

昨年9月末時点との比較では、契約件数が9万7879件増、残高は1兆2987億円の増加だった。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 最近始めた金融取引、シニア世代では「ラップ口座」も【日経リサーチ調査⑧】

  2. 日興ファンドラップ、預かり残高が1兆円突破

  3. ラップ口座残高、過去最高を更新 7兆円に接近

  4. 家計簿アプリ、金融資産額の中間層が利用【日経リサーチ調査⑫】

  5. NISAやiDeCoの認知度、収入や金融資産額で差【日経リサーチ調査⑪】

  6. NISA口座の開設率が高い県は・・・【日経リサーチ調査⑩】

  7. 「経済的問題」「生活設計」の悩み、若い世代ほど高く【日経リサーチ調査⑨】

  8. シニア世代の金融資産、平均は2414万円【日経リサーチ調査⑦】

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP