つみたてNISAの対象ファンド、ETFが初の届け出

 金融庁によると、来年から始まる積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)の対象となる投資信託について、1日時点で初めてETF(上場投信)の届け出があった。

 対象に追加されたのは以下の3本。いずれも大和証券投資信託委託が運用する。

・ダイワ上場投信-JPX日経400(04315143)※証券コード:1599
 ・ダイワ上場投信-トピックス(04315017)※証券コード:1305
 ・ダイワ上場投信-日経225(04314017)※証券コード:1320

 対象ファンドは1日時点でETF以外の公募投信が125本(インデックス投信が110本・アクティブ運用投信などが15本)。ETFを含めると合計で128本になった。

 ※金融庁の発表資料はこちら↓
 つみたてNISA対象商品届出一覧(運用会社別)

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. みずほ証券、資産運用ロボアド「あしたのそなえ」を開始

  2. 金融庁、投信販売に「改善の余地」 QUICK資産運用討論会

  3. 「ひふみプラス」、残高4000億円超す 来年から三菱UFJ銀でも販売

  4. アセマネOne「未来の世界(新興国)」、当初設定額が今年最大の977億円

  5. 三井住友アセット「高成長インド・中型株式ファンド」、残高が1000億円に到達

  6. 「野村PIMCO・世界インカム戦略ファンド Aコース」、残高3000億円超に 2カ月で1000億円増

  7. JPモルガン「JPMベスト・インカム(毎月決算型)」、残高が2000億円を突破

  8. 三菱UFJ国際「いちよしジャパン・ベンチャー」、新規受付を停止

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP