つみたてNISAの対象ファンド、ETFが初の届け出

 金融庁によると、来年から始まる積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)の対象となる投資信託について、1日時点で初めてETF(上場投信)の届け出があった。

 対象に追加されたのは以下の3本。いずれも大和証券投資信託委託が運用する。

・ダイワ上場投信-JPX日経400(04315143)※証券コード:1599
 ・ダイワ上場投信-トピックス(04315017)※証券コード:1305
 ・ダイワ上場投信-日経225(04314017)※証券コード:1320

 対象ファンドは1日時点でETF以外の公募投信が125本(インデックス投信が110本・アクティブ運用投信などが15本)。ETFを含めると合計で128本になった。

 ※金融庁の発表資料はこちら↓
 つみたてNISA対象商品届出一覧(運用会社別)

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 個人が選ぶ投信の共通点は? FOY2017ベスト20を一覧比較

  2. 静かな熱気、懇親会には金融庁職員も 投信ブロガーが選ぶ!FOY2017表彰式

  3. 投信業界の流行語大賞? 「ひふみ」に迫る

  4. 「つみたてNISA」本番直前、金融庁に個人投資家が集結 年内最後の「つみップ」

  5. みずほ証券、資産運用ロボアド「あしたのそなえ」を開始

  6. 金融庁、投信販売に「改善の余地」 QUICK資産運用討論会

  7. 積立NISA、金融庁基準に適うアクティブ投信はわずか5本…森長官の講演が話題

  8. インデックス型投信の断捨離進む? ブラックロックが「i-mizuho」刷新

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP