「フィデリティ・日本成長株」、残高4000億円を回復 約10年ぶり

 フィデリティ投信が運用する「フィデリティ・日本成長株・ファンド」(32311984)の純資産総額(残高)が29日時点で4000億円を回復した。2007年12月以来、およそ10年ぶり。米リーマン・ショック後に残高が急減したが、国内株式相場の回復で運用成績が持ち直し、残高を戻している。

 同ファンドは国内の成長企業を選定して投資する。1998年4月から運用を開始しており、国内株式に投資する国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)の中では残高が最も多い。10月末時点で1年リターンは31.60%、設定来リターンは142.49%。

 

<組み入れ上位10銘柄>
①ミスミグループ本社(9962)   5.2%
②マキタ(6586)        3.6%
③キーエンス(6861)       3.4%
④三浦工業(6005)       2.9%
⑤ソフトバンクグループ(9984)   2.6%
⑥リンナイ(5947)                2.4%
⑦関西ペイント(4613)       1.8%
⑧ダイキン工業(6367)   1.8%
⑨リクルートホールディングス(6098)1.7%
⑩オリックス(8591)               1.7%

※月次運用レポートから抜粋。9月29日時点

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 投信残高、「フィデリティUSハイ」が首位に返り咲き  「ゼウス」は2位に後退

  2. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

  3. 投信残高、アセマネOne「ゼウス」が再び首位に 「フィデリティUSリート」陥落

  4. 大和住銀「EV革命」、残高1000億円に 設定から3週間で

  5. 「フィデリティ・USハイ・イールド」が分配金減額 最安値の30円に

  6. 「フィデリティ・USリート・ファンドB」が分配金減額 1年ぶり、最低の35円に

  7. 野村アセット、2年半ぶりに10兆円台を回復 1月末の運用会社別投信残高

  8. QUICKファンドスコアで投信比較! ひふみプラスが8、フィデリティ日本成長株は9

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP