「ひふみ投信」の残高、直販のみで1000億円突破

レオス・キャピタルワークスが運用し、直接販売する「ひふみ投信」の純資産総額(残高)が11月10日時点で1000億円を突破した。藤野英人社長のテレビ出演などで知名度が上がり、資金流入が進んだ。残高は今年の初めには370億円程度だった。運用成績も好調で、2008年10月に設定されてからのリターンは今年10月末時点で377.53%。

銀行や証券を通じて販売する「ひふみプラス」の残高も3500億円を超え、国内公募の追加型株式投信(ETFを除く)の残高トップ20に入っている。「ひふみ投信」と「ひふみプラス」は、同じ「ひふみ投信マザーファンド」に投資している。

<「ひふみ投信」の組入比率上位10銘柄>
①マイクロソフト        1.8%
②共立メンテナンス       1.7%
③東京センチュリー       1.7%
④あい ホールディングス      1.6%
⑤ルネサスエレクトロニクス   1.6%
⑥古河電気工業         1.6%
⑦アマゾン・ドット・コム    1.5%
⑧アマノ            1.5%
⑨兼松             1.5%
⑩九電工            1.5%

※10月31日時点。月次運用報告書から抜粋

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 投信残高、「フィデリティUSハイ」が首位に返り咲き  「ゼウス」は2位に後退

  2. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

  3. ひふみプラス、残高3000億円突破 3カ月で1000億円積み増し

  4. レオスが躍進、キャピタルも急浮上 野村アセットは首位維持 17年末・運用会社別投信残高

  5. 「ひふみプラス」の残高、5000億円を突破 初のトップ10入り

  6. 「ひふみプラス」、残高4000億円超す 来年から三菱UFJ銀でも販売

  7. QUICKファンドスコアで投信比較! ひふみプラスが8、フィデリティ日本成長株は9

  8. 個人が選ぶ投信の共通点は? FOY2017ベスト20を一覧比較

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP