セブン銀行(8410) ATMの利用件数に停滞感 20/3期の増益が強まるとの見方は維持

QUICK企業価値研究所アナリスト 柊宏二(2017/12/01)

・会社計画より弱めの今期利益予想を据え置く
 18/3期上期の連結業績は増収増益。会社計画に対しては経常収益が下振れたが、経費抑制等で利益は上振れた。会社は期初公表の通期業績計画を変えていない。企業価値研究所は会社計画よりやや弱い前回利益予想(経常利益380億円)を据え置く。経常収益予想を下げるが、経費抑制等でのカバーを見込む。ATMの平均利用件数の伸び悩みは懸念材料。キャッシュレス化の影響が大きくなり始めた可能性がある。ただ単価が底堅いため、経常収益の大幅な下振れは想定しない。競争環境激化で米国子会社FCTI社の今期業績は下振れる可能性が高い。銀行単体で完全にカバーするのは難しいとみる。

・20/3期はFCTI社損益改善、減価償却費減少を予想
 当研究所は来期、再来期と引き続き増収増益を予想。前回利益予想を据え置く。平均利用件数は減少傾向が続くとみるが、「LINE Pay」等との新サービス、ATM台数の増加、その他事業の成長等で銀行単体の増収維持を予想。北米7-Eleven店舗へのATM設置によるFCTI社の損益改善、減価償却費の減少等で20/3期の増益は強まるとみる。配当額は当面増加基調が続くと予想する。

・リスクファクター ~利用件数の伸び悩みなど

・アナリストの投資判断 ~利益回復期待背景に再び上値を試す展開を予想
 株価は今年に入り回復傾向にあったが、上期決算発表後は軟調となった。ATM利用件数の伸び悩みによる業績回復の遅れの懸念などが要因とみる。当研究所の18/3期予想に基づくPERは17倍程度で、同社の過去3年平均や、関連する小売セクターの現状の平均などと比べ低い。20/3期に向けた利益改善の見通し等を踏まえると、割安感があるとみる。株価は利益回復期待を背景に、再び上値を試す展開を見込む。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 第一三共(4568) 上期の実績と減損計上を織り込み今期予想を修正、特許満了の影響が本格化

  2. 日本郵船(9101) ドライバルク船の運賃が想定を上回り、今・来期の当研究所業績予想を上方修正

  3. ユニオンツール(6278) スマホ関連の伸長等で3Q業績も続伸 当研究所の今・来期予想を増額

  4. 東京瓦斯(9531) 経常利益は増益基調の見方を維持するが、厳しくなる電力競争を注視

  5. 伊藤忠商事(8001) 当研究所予想を増額修正 18/3期上期業績は好調に推移

  6. TOTO(5332) 上期実績などを踏まえ、18/3期・19/3期の営業利益予想を増額修正

  7. 資生堂(4911) 減損処理で純利益は落ち込むが、営業利益は従来想定以上の大幅な伸びに

  8. いすゞ自動車(7202) 当研究所予想を会社修正計画まで増額 来期は過去最高益更新へ

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP